symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

Articles

セキュリティ
>
<
images

デジタルトランスフォーメーション

ライブパーソン主催のセミナーのご案内です。   拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 このたびライブパーソンでは、顧客体験価値向上のための「デジタルトランスフォーメーション」を紹介する プライベートセミナーを開催します。 欧米諸国の事例紹介をまじえながら、最先端のデジタル接客についてご紹介させていただきます。 また、夕刻からはみなさまとのコミュニケーションの場として、カクテルパーティを設けています。 ぜひご参加ください。 敬具 セミナー詳細
Read more

セミナーGlobal Business vs Global Terror

Max Securityはテロのセミナー「Global Business vs Global Terror」を開催します.1週間のワークショップ、講義、サイトツアー、実践的なトレーニングです。 イスラエルのエリートテロ対策、特殊部隊、情報部隊のベテランを講師陣に迎えたこのセミナーは、2017年3月18日〜23日に開催されます。詳細はこちらをご覧ください。 ご質問はMax Security Strategic Partnershipsの責任者Daniel Levy Corryにお問い合わせください:Daniel.Corry@max-security.com
Read more
SEECAT

SEECAT 2016

テロ対策特殊装備展が東京ビッグサイトで開催中です。 10月21日17時までです。皆様のお越しをお待ちしています。                  
Read more
SEECAT

テロ対策特殊装備展

  テロ対策特殊装備展(SEECAT)出展中のイスラエルブースのお知らせです。 物理的セキュリティからサイバーインテリジェンス迄15社が共同出展しております。 ご来場お待ちしております。 10月19日~21日 10:00から17:00 (全日) 東京ビッグサイト・西ホール 4階・西3ホール(小間番号・SD 08) 出展企業概要 来場には事前入場申請が必須です。下記よりご登録お願い申し上げます。 事前入場登録サイト ご質問・ご不明な点は下記までお問合せください。 イスラエル大使館経済部 Tokyo@israeltrade.gov.il  03-3294-0398
Read more
Vayyar Logo

Vayyar Imaging “人の目を超える”、UWBを使った3Dセンサー

7月4日(月)東京、7月6日(水)大阪でそれぞれ開催されましたイスラエルIoTフォーラムに参加したイスラエル企業11社のうちの1社、Vayyar ImagingがEE Times Japan に取り上げられました。 Vayyar Imagingは高周波3D イメージセンサーの開発、販売を行っています。インテルの前VPであるRaviv Melamedを含む3人の経験豊かな起業家3人によって設立されました。Vayyarのユニークなセンサーは医療画像の現場やスマートホーム、電化製品、ロボティックビジョン、セキュリティなど、幅広い産業への応用可能な技術です。 EE Times Japanに掲載された記事を読むにはこちら
Read more
Mobileye

第四回モービルアイ セミナー

後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」は、2011年12月の発売から5年目を迎え、日本国内での導入台数は5万台を超えました。 Japan 21が開催するセミナー第4回目は、「事故削減効果」をテーマに、ユーザ事例として日立物流様が「安全はすべてに優先する」というお題にて、モービルアイの導入背景やその効果について全会場にてご講演いただくほか、東京および名古屋では導入開始から2年以上経過した愛知県東海市本社の丸玉運送様にご登壇いただきます。さらに大阪会場では、フリートマネジメントシステムの「イトラン」を用いてデータ連携を行い、モービルアイによる運転状況の可視化の取り組みを始めた兵庫県川西市本社の山角興業様にその狙いと効果についてご講演いただきます。 モービル・アイ セミナーご案内
Read more
Cover

Cyber Security in Future Healthcar

Cyber​​Sparkはヘルスケアにおけるサイバーセキュリティ初のグローバル・ワークショップの開催します。 ワークショップは2016年11月9-10日、に健康科学、イスラエル、ビールシェバにあるベングリオン大学ネゲブキャンパスで開催されます。 このワークショップでは成果、およびアイデアを共有する機会を提供し、医療エコシステム内のユーザー、ソリューション・プロバイダー、研究者、規制当局、投資家、およびすべての主要な関係者を一同に集めての開催となり、未来のヘルスケアにおいけるサイバーセキュリティの課題に取り組んでいきます。 チケットの数が限られていますので早期登録し、お席を確保することをお勧めします。 医療アリーナの参加者として、登録するには、このリンクを使用してください。登録サイト 2日間の参加のコストは350ドル(2016年9月10日以降400ドル)です。Cyber​​Sparkアフィリエイトクラブメンバーには特別料金でご登録頂けます。 ワークショップスケジュール(仮)は、こちら。スケジュール ワークショップの詳細については、だけでなく、スポンサーをお望みの方はを以下までお問い合わせください: workshop@cyberspark.org.il 972(0)54から8085987 イベントでお会いできるのを楽しみにしています!     Roni Zehavi, CEO CyberSpark
Read more
Icon

イスラエルIoTフォーラム 資料

7月4日(月)東京、7月6日(水)大阪にてイスラエルIoTフォーラムが開催されました。東京は230名以上の方、大阪は160名以上の方にご来場を頂き、無事に開催することができました。ご参加いただきました方、また、ご関心をお持ち頂きました方には心より御礼申し上げます。 フォーラム終了後、参加企業のプレゼンテーションをもう一度見たいというご依頼を多数頂戴しましたので、下記のURLより閲覧ができるように致しました。 AllBe Solutions CartaSense HeraMed IQP Corporation Perytons PowerPlug PowerTags Proacts Sensibo
Read more
Icon

イスラエルIoTフォーラム

東京でのセミナーは満席につき、申込みを締め切らせていただきました(June 21, 2016) 起業国家として、日本でも知られるようになり、活気あふれる充実したエコシステムを誇るイスラエルにおいてもIoT (Internet of Things) は急成長を遂げている分野の一つです。イスラエルにおけるIoTは、イスラエルが既にその存在感を示しているヘルスケア、ライフサイエンス、自動車産業、オートメーションやサイバーセキュリティといった分野に並び、また、これらをつなぐ応用分野としても注目されています。最先端の技術を駆使し、ウェアラブルセンサー、スマートホームからファッションに関するアプリケーション、自動運転用のサイバーセキュリティなど、様々な分野で研究開発が進められています。 この度、その高い技術を日本の企業の皆様にご紹介する機会として、イスラエル経済省チーフ・サイエンティストであり、イスラエルイノベーションオーソリティの長官を勤めるAvi Hasson氏率いるイスラエルIoT企業が11社が来日し「イスラエルIoTフォーラム」(技術プレゼン、ネットワーキング、個別会議を含む)を7月4日東京、7月6日大阪にて開催いたします。 本東京・大阪フォーラムにご参加を希望される方は下記の要領にてお申し込みをお願い致します。 参加イスラエル企業概要 【東京】 日時:201674() 開場 9:30 開演 10:00 会場:JETRO(港区赤坂1丁目1232 5階) 【大阪】 日時:20167月6日() 開場 9:30 開会 10:00 会場:リーガロイヤルホテル 2階 山楽 プログラム概要 【東京と大阪では若干時間が変わります】 09:30 – 10:00   開場 受付  セミナー  
Read more
Terrogence

Terrogence、SenseCy、Sixgillが戦略パートナーシップを締結

「テロジェンス(Terrogence)、センスサイ(SenseCy)、シックスギル(Sixgill)が戦略パートナーシップを締結し、日本で次世代統合ビッグデータ分析、サイバー脅威インテリジェンスの提供を開始」  この度、テロジェンス(Terrogence)社は、センスサイ(SenseCy)社及びシックスギル(Sixgill)社の2社と戦略パートナーシップを提携し、日本の民間企業及び政府関係機関に対して、次世代統合ビッグデータ分析、サイバー脅威インテリジェンスを提供いたします。 近年、世界各国の民間企業及び政府機関は、世界規模で進む脅威の多様化・急増という未曽有のリスクに直面しています。この様な事態に対処すべく、テロジェンス社は、センスサイ社及びシックスギル社と共同で、ビッグデータ分析及びインテリジェンス提供ツールを開発いたします。 第一弾の共同開発ツールは、隔離されたダークネットから収集したビッグデータと、民間企業や政府機関に提供しているインテリジェンスデータを組み合わせるという新たなアプローチから開発される、サイバー脅威インテリジェンス(CTI)です。このツールによって、民間企業及び政府機関は、データの構造化を問わず、全フォーマットの個別データ収集が可能となるだけでなく、効果的なインテリジェンス分析をベースにした、リアルタイム脅威に関するアラート通知機能を強化することが可能となります。この結果的、日本のビジネスコミュニティ及び政府機関の所属する多数のユーザーに対して、タイムリーな分析・インサイトの提供が可能となるだけでなく、最先端の技術を駆使することで、これらの分析・インサイトをビジネスオペレーションの現場に効果的に落とし込んでいくことも出来ます。 テロジェンス社は、センスサイ社及びシックスギル社と連携して、ネタニヤ(イスラエル)の本社内にサイバー脅威インテリジェンスセンターを設立し、加えて、先進的なサイバー脅威監視サービスを24時間体制で提供する日本の戦略提携パートナー拠点に専門家集団を配置することで、日本における密接な共同関係と継続的な共同イノベーションを支援いたします。 プレスリリース全文を読むには下記のリンクから ・Terrogence、SenseCy、Sixgillが戦略パートナーシップを締結(日本語) TERROGENCE, SENSECY AND SIXGILL ANNOUNCE A STRATEGIC PARTNERSHIP (English)
Read more