symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

Articles

>
<
Prospera

作物の危険を農家よりも早く察知する農業用ソリューション

      イスラエルのAgroTech企業、PEOSPERA Technologiesが「ロボット情報WEBマガジン ロボスタ」で紹介されました。 コンピュータビジョンの技術を応用し、作物の健康状態や発育状況をモニター・分析する技術を開発しているのがイスラエルのPROSPERA社です。農園のある地域の気候や映像を解析し、生産者のモバイルデバイスやウェブに情報を送ります。 害虫による被害、病気、必要とされる水や栄養、生産量の管理や予測、発育の分析など、データに基づいた情報を生産者に届けます。 「ロボット情報WEBマガジン ロボスタ」で紹介された記事を読むにはこちら
Read more

セミナー 最新イスラエルと日本の栽培かん水事情

category: , 農産業
6月30日サンホープセミナー イスラエル製のスプリンクラーを始めて日本で紹介したことで、イスラエルと強い結びつきのあるサンポープがセミナーを開催します。 最新イスラエルと日本の栽培かん水事情 日時 2015年6月30日(火)12:20開場 場所 TKP東京八重洲カンファレンスセンター9階 カンファレンスルーム9C 費用 無料 詳細はこちら→ セミナー 最新イスラエルと日本の栽培かん水事情
Read more

イスラエルの技術「点滴潅水」が震災復興支援

JA仙台が「七々浜復興トマト」と名づけた59種類の美味しいトマトが、直売所やネットショップで人気を博していると、日本農業新聞が伝えています。 栽培には、東日本大震災国際復興支援としてイスラエル政府から寄与された、ネタフィム社点滴潅水キットを使っています。砂漠地帯で農業を展開するイスラエルでは、水の節約の為に点滴潅水が開発されました。その後、ゆっくりと1滴ずつ灌水することで、根に必要な酸素が土の中に保たれ、根の活動が活発になることがわかり、すぐれた農作物を育てる技術へと発展しました。 ネタフィム社の説明によると、「植物の根が水や肥料を吸収するのは、乾いた布に水が沁みこむような単なる物理現象ではなく、生物としての積極的な活動であることが最近わかってきています。そしてそのためには、酸素呼吸によるエネルギー供給が欠かせません。 –点滴潅水では、酸素が多く含まれる比較的浅い場所に活性の高い細根が多く発生して、水と肥料を効率良く吸収します。また最近では、液肥の流 れが根の肥料成分吸収に重要であることも明らかになってきていて、定期的に液肥を流す点滴灌水施肥栽培の利点が、新たな角度から証明されつつあります。 –以上のように、点滴灌水栽培による収穫量の増加と品質の向上には、科学的な根拠があります。さらに、点滴灌水施肥栽培では畑に無駄な肥料をまくこともなくなるので、経済的であると同時に環境に優しい技術でもあります。」 復興トマトの人気の元には、こんなイスラエルの技術が光っているのです。■ 「復興トマト人気」日本工業新聞2012年10月27日    
Read more

Global Cleantech 100 Index: Israel “the stand-out country”

category:
一流調査会社Cleantech Group は、今後グローバルクリーンテック分野で活躍が見られる民間企業がリストアップされた、第4回グローバル·クリーンテック100のリストを公開しました。イスラエルは、2012年グローバル·クリーンテックイノベーションランキングで第2位の国として、革新的で市場志向の両方を兼ね備える企業をそろえる、指導的立場にあります。 Israel NewTechによると、Cleantech Groupは、これからの5年10年に大きな商業的影響を及ぼす可能性が最も高いれるグローバル·イノベーション·コミュニティのシフトビューがどの種の会社のどんなタイプに向いて行くかを、毎年恒例の”バロメーター読み取り”として、最新のレポートを出しています。イスラエルが過去の報告書で認識されてたなら、このレポートは、世界のクリーンテック市場での強さを確実なものにしたでしょう。レポートの “見出し”の一つは、国内総生産(GDP)の1兆アメリカドル当たりの企業の集積を見たとき、イスラエルは際立っている国であることを引き合いに出しています。 「イスラエルの技術の強さと起業家文化はクリーンテックの世界でもよく知られています。 そしてIsrael NewTechような政府プログラムに一貫して支えられている強力な地域イノベーション·エコシステムは、クリーンテクノロジー新興企業を後押しするのに有望視されています。」と、クリーンテック・グループ・ヨーロッパアジア・マネージングディレクターでありグローバルクリーンテック100とグローバルクリーンテックイノベーション指数の共同著者であるリチャード·ヤングマンはコメントしています レポートによると、ヤングマン氏は、今日のグローバルクリーンテックで彼が注目する傾向を明らかにしました。これらの一つは、 「本当の必要性、現実の問題、今のところ」市場が何を必要としているかに的確に焦点を当てることが常に最優先される。イスラエルは、その革新性だけでなく市場に焦点を置いているところがユニークな「スイートスポット」に位置しているように思われます。 Tこれは、イスラエルが最も革新的な国ランキング第二位に付けている事実だけでなく、2012年グローバル·クリーンテック100のリストに6社がランクインしたいう事実によって証明されています。(ちなみランキング一位はデンマークで、100のリストには二社のみがランクインしています。) オデッド·ディステル氏、Israel NewTechのヘッドは、このコメントを受けて次のように述べています。「世界の経済情勢に起因して、今日のクリーンテック市場は、はるかに問題解決と真の市場ニーズを満たすことに焦点を当てています。この傾向は、企業が顧客のニーズに対し迅速に焦点を当てて、より効率的なソリューションを提供する必要があります。イスラエルの企業はこれを得意とし、彼らの革新的なキャラクターと共に、この組み合わせを持って成功は間違いないでしょう。」 オデッド·ディステル氏はさらに続けて以下のように述べています。「イスラエルニューテックで我々は、実際にイスラエルの企業が世界中の様々な市場の要求を満たす為のお手伝いを日々しています。私達は、さまざまな市場のニーズを探索するし、イスラエルの企業にそれらのニーズを伝えるため地球を駆け巡っています。私たちはその活動に数々の成功を収めています。例えば、南米の鉱山業界やインドの繊維産業は目標に定m、得ている効率を達成する為には特殊な水溶液を必要としています。それを踏まえ、私達の仕事として、これらの分野に関連したイスラエル企業の代表団を呼び、多くの場合、ビジネス·チャンスをもたらす会議の手配など設定しています。」 イスラエルは今年2012年のグローバルクリーンテック100リストに切り込んだ13カ国の一つであり、2011年に比べて二社多い、6社をリストに載せています。掲載された企業は、
Read more

Water World Congress & Exhibition にTaKaDu社が出展

漏水ソリューションのTaKaDu社が 韓国釜山で開催されるIWA展に出展します。 IWA World Water Congress & Exhibition 公式サイト 展示会は9月16日より21日まで開催され、同社の小間番号は420。 同社のその他個別イベントは以下の通りです。 個別会議をご要望の方はイスラエル大使館経済部までお問い合わせ下さい。(電話03-3264-0398) Experts Exchange and Networking Lunch (Paradise Hotel) Sunday, Sep 16th, 10:00
Read more

Cleantech 2013 第17回国際サミット・展覧会

category:
水の技術、エネルギー効率化、再生可能エネルギー、リサイクル、グリーン交通グリーンビルをテーマにした第17回国際サミット·展示会、Cleantech2013が2013年1月22日から23日、テルアビブのコンベンションセンターで開かれます。 CleanTech 2013は、クリーン・テクノロジー、環境品質、インフラ、グリーンビルディング、再 生可能エネルギー、そして水の技術が一同に揃った、第17回国際展です。 展 覧会は、テル·アビブ市内のイスラエル見本市とコンベンションセンターで開催されます。 CleanTech展 覧会は、企業、研究者や専門家は、環境保護、緑化ソリューション、インフラ、再 生可能エネルギー、廃棄物処理、水の分野、処 理、海水淡水化、収穫、精製、ろ過他、多数の技術の最新動向と新技術と高品質のサービスを提示する高レベルな国 際ビジネスプラットフォームのとして全世界から関心を寄せられています。会期中、幹部役員が学びに来るれる場として、専門家による会議、セミナー、シンポ ジウムが開かれます。 詳細はこちら Cleantech 2013 (英文) Cleantech 2013 パンフレットPDF (英文)
Read more
Agritech-logo

AgrivestサミットでAgritech投資のチャンス!

イスラエルは農 業技術の革新を先導する国として世界でも注目を浴びている事をご存知ですか。今回5月15日から17日まで開催されるアグリテック・イスラエルが農業分野での非常に重要なイベントとして注目されている理由です。世界中の投資家が関心を寄せてい
Read more