symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

Hearing Red:革新的なイスラエルの血流センサーを扱うスタートアップ企業がGEのHealthymaginationファンドからの投資を取得

category: 医療
十分な血流と酸素を維持することは、集中治療患者にとって主要な臨床目標です。  しかしながら今日、完全な測定は、しばしば外科的処置を施さなければならない複数の機器を使用してのみ達成可能です。 外科敵処置を必要とせず費用抑えた上で、脳内の血流と酸素量を継続的に監視できる正確 なマルチパラメータが、臨床上強く必要とされています。 米国食品医薬品局(FDA)の規格に合格したOrnim社のCerOxは、超音波と組み合わせた近赤外分光器で、これは成人患者の2つの重要なパ ラメータを臨床医が監視する事を可能にしました。.2つのパラメータとは、脳内またはCerOxセンサー下の頭蓋骨筋肉組織における各部分のモグロビン酸素飽和度と、そして組織内微小循環血流量の測定です。これは並行して測定できる唯 一の機器です。 GE healthymagination Fundからの投資を受けたことで、 このセンサーを市場に持って来やすくなりました。Ornimは、GEと ともにOrnim、OrbiMedイスラエル、そしてバイオ医薬品や医療技術企業の開発に力を注いでいる世 界トップクラスの大 手投資会社から投資総額2,000万ドルを得ました。 「Ornimの 技術が革新的であるだけでなく、救命医療設定の必要な患者のより良いモニタリングを約束し、そして臨床医に患者を支援するための追加情報を提供してくれるのです。」と、GE Healthcare Systems Life Care SolutionsのゼネラルマネージャーThierry Leclercqは述べています。 GEのhealthymaginationファ ンドは非常に有望な医療技術系企業に投
Read more

イスラエルのスタートアップ企業ジンジャー、500万ドルの投資を取得

category: Uncategorized
Via Ynet Hong Kong billionaire Li Ka-shing takes a shine to local businesses; opts to finance online proofreading software developer ハチソン支 配株主、香港の富豪李嘉誠氏は、イ スラエルのスタートアップ企業ジンジャーソフトウェアに 500万ドルを投資すると発表しました Yael Karovによって2007年に結 成された
Read more

Israel 21c – オンライン・ニュース・マガジン

ISRAEL21c は、 あらゆる場所で見つかる21世紀のイ スラエルに関する情報と、最も多様で信 頼できるニュースソースを提供する唯一のオンラインニュースマガジ ンです。ISRAEL21cもともとスラエルの著名ジャーナリストによって書かれ制作された何千もの作品、ビデオ、およびブログの膨大な情報源となっています。 バ イアスや偏見からの影響を受けない、政治に無関係な非営利団体です。.ISRAEL21cは 毎日コンテンツを公開し、50,000の購読者に週刊ニュースレター発信しています。 Israel 21c(英語)
Read more

Cleantech 2013 第17回国際サミット・展覧会

category:
水の技術、エネルギー効率化、再生可能エネルギー、リサイクル、グリーン交通グリーンビルをテーマにした第17回国際サミット·展示会、Cleantech2013が2013年1月22日から23日、テルアビブのコンベンションセンターで開かれます。 CleanTech 2013は、クリーン・テクノロジー、環境品質、インフラ、グリーンビルディング、再 生可能エネルギー、そして水の技術が一同に揃った、第17回国際展です。 展 覧会は、テル·アビブ市内のイスラエル見本市とコンベンションセンターで開催されます。 CleanTech展 覧会は、企業、研究者や専門家は、環境保護、緑化ソリューション、インフラ、再 生可能エネルギー、廃棄物処理、水の分野、処 理、海水淡水化、収穫、精製、ろ過他、多数の技術の最新動向と新技術と高品質のサービスを提示する高レベルな国 際ビジネスプラットフォームのとして全世界から関心を寄せられています。会期中、幹部役員が学びに来るれる場として、専門家による会議、セミナー、シンポ ジウムが開かれます。 詳細はこちら Cleantech 2013 (英文) Cleantech 2013 パンフレットPDF (英文)
Read more

イスラエル技術革新ニュース- NoCamels.com

NoCamels.comは、英語でイスラエルの技術革新ニュースを伝達する主要ニュースサイトです。NoCamelsは、技術、健康、環境、社会意識の分野で、最新のイスラエルの技術革新をオールラウンドに隅々までカバーしています。 イスラエルはスタートアップ企業と研究開発センターの集中する世界が注目を注ぐ国です。NoCamelsは、その魅力的なストーリーを発生元から直接読者にお届けするホットなメディアです。是非お気に入りに加えて、最新の技術革新ニュースをご覧ください。 記事を読む(英文)  
Read more

Recent Economic Development (RED) イスラエル銀行による最近の経済情勢評価

最近の経済情 勢 Recent Economic Developments (RED)は、各期間終了後一ヶ月ほど後に公開される4ヵ月ごとの評価です。 図表に よって示された評価は、労働市場、政府活 動、金融政策と資 本市場における価格の国際収支、世界的に主要な進展等の実際の情勢を要約し評価しています。各評価の第2部では、経済に関連する抜粋された問題についてより幅広く評価しています。評価には、イスラエル経済の最新データを示す表も含まれています。 REDバイリンガル印刷版 (英語/ヘ ブライ語) も御用意しております。詳細はこちら。(英文)
Read more

[Agritech 2012 イスラエル農業訪問記] 第二回 効率化した酪農経営を目の当たりに

農業ビジネス誌恒例のイスラエル・ハイテク農業・視察ツアー。3年に一度の国際農業展Agritechの模様を、視察参加者から寄せられた紀行 文と写真で綴る新シリーズの第二段です。 第二回は就農7年目の酪農家、田辺和宏氏のレポートで、イスラエルでの効率化された酪農経営を紹介していただきました。是非、ご一読を。 [Agritech 2012 イスラエル農業訪問記] 第二回 効率化した酪農経営を目の当たりに *本文を読むには登録が必要です(無料)
Read more

[Agritech 2012 イスラエル農業訪問記] 第一回 イスラエルでデータ農業の原点を見直す

イスラエルで開催されたAgritec2012に参加者の皆さんからの寄稿をもとにした、イスラエル視察連載が、農業技術通信社の農業総合専門サイト「農業経営者」ではじまりました。 第一回目は鹿児島の(有)大崎農園専務取締役、中山清隆氏の投稿です。 [Agritech 2012 イスラエル農業訪問記] 第一回 イスラエルでデータ農業の原点を見直す ※本文を読むには登録が必要です(無料)
Read more

イスラエル・ハイテク企業の需要急増‐サイバー攻撃対策強化で連帯

category: Uncategorized
中東を舞台としたサイバー攻撃が相次ぎ、イスラエル企業の業績を押し上げています。イスラエル軍でIT分野の特殊訓練を積んだ人材を企業がプログラマーとして採用するなど、官民の連帯も本格化していると、フジ・サンケイ・ビジネス・アイが伝えています。 サイバー攻撃に関する著書があるハイファ大学のガブリエル・ヴァイマン教授は「サイバー戦争分野でイスラエルの持つ知識や技術は間違いなく世界トップクラスだ。この分野に関する予測の大半が同国を軸に行われている」と語っています。 記事全文はこちら 記事を読むには画像をクリック。
Read more

イスラエルのセキュリティ - ルーブル美術館とブリティッシュ・テレコムの選択

category: Uncategorized
イスラエルは長きに渡りセキュリティ・テクノロジーのリーダーと世界から認められてきました。そして今日、ルーヴル美術館とブリティッシュ·テレコムはそのセキュリティにイスラエル企業を選択 しました。 YnetNews は、フ ランスに拠点を置くイスラエルの子会社Synelがパリのルーヴル美術館と大規模な契約をかわしとを報告しています。主要プロジェクトの一環として、Synelフランスは、電子出席と組み合わせたセキュリティアクセス制御のための包括的なシステムをインストールする契約をかわしました。博物館の セキュリティを高めるために計画されたプロジェクトは、Synel社の出退勤管理のハードウェアのインストールと 共に、指紋認証、キーパッド入力、磁気カード、 バーコードカード、近接型カード、非接触型スマートカード、顔認識機能などの設備設置を伴います。 ルーヴル美術館はご存知の通り、世界最大級の美術館の一つです。先史時代から19世紀までの、3万5千点に及ぶオブジェが、60600平方 メートルのフロアーに展示されて います。2011年には880万人の来場者数を記録しました。Synel社の営業副部長Erez Buganim氏は、「ルーヴル美術 館は、常に盗難の危険にさらされて、時には従業員による盗難も考えられます。ですから、このセキュリティ・システムが必要とされているのです。このシステムで、貴 重な芸術が保管されている博物館内に不法侵入者が入り込むことを阻止することができるのです。」と述べています。 Synelフ ランスとイギリスの最高経営責任者ダニー·ファーバー氏は、2012年末までに、200以上のフランスの組織がこの新技術を使用すると予想しています。「ルーヴルのプロジェクトは、Synel社が最近フランスとイギリスで開始した数々の新プロジェクトの 一つであります。」と述べています。 YnetNewsによると、ブリティッシュ·テレコム(BT)はその専用アカウントのセキュリティにイスラエル企業のCyber-Ark社を選択しました。Cyber-Ark社は、重要アプリケーション、IDおよび機 密情報の保護および管理を担う世界有数の情報セキュリティプロバイダです。1999年に設立され、 雇用人数は200人。最近JVP venture
Read more