symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

祝!第64回イスラエル独立記念日  トップ64イスラエルの技術革新に注目!

4月26日木 曜日の第64回イスラエル独立記念日を 祝福して、Israel21Cは、イスラエルの64の著名かつ貴重な技術革新に脚光をあてたリストを発表しました。 チェリートマトから、”Babysense“(ベッドで赤 ちゃんの呼吸を検出し、乳幼児突然死を 防ぐセンサー)、ヘアリムーバー”Epilady“ そしてディスクやフラッシュドライブといった多岐にわたるイスラエルの魅惑的な発明を御確認いただけます・。 原文はこちら full Israel21C article click here.(英文)
Read more

Agritech news: Moraflora社、農作物保護に革命!

category: Uncategorized
イスラエル人が創設したMoraflora社は、病気に対し 遺伝的耐性を作る予防接種を植 物あたえる方法を考案しました。HAARETZの詳細記事によると、米 国政府はこの技術が非常に有益であるとみなし、フィールドトライア ルテストのための資金援助に乗り出しました。 Moraflora社のドータン・ペ レグ氏の記事の中に引用さ言葉によると、「世界の食 糧供給の25%が、害虫や病気が原因で 毎年破棄されます。信じられないことですが、最適な条件下で保存されていても果 物を攻撃する疾患があります。たとえば、輸送中に発生するカビです。 たった一粒の感染した種から始まり、ほんの数日間でグリーンハウス全体を感染させてしまうこともありえるのです。」 Moraflora社は7 つの特許登録しました。 HAARETZによると、農薬のハイコスト、また農薬による健康や環境被害を考慮すると、「遺伝子の方向から解 決策を見出すことが賢明である事は誰の目にも明らかです。」とペレグ氏は述べています。 HAARETZ の詳細記事はこちら(英文) 5月15日から17日に開催される
Read more

ビジネスの絆ービジネス関係・サクセスストーリーを紹介

Read more

ナノグラフィック – 印刷技術の革新

category: Uncategorized
ベニー·ラ ンダは、ナノテクノロジーに基づく革新的な新印刷技術を、発表しようとしています。 グローブスの レポートによると、Landa Nanographic印刷はこのプロセスを、 “商業、パッケージングおよび出版市場向けのゲームを変える技術。”と表現しています。 ベニー·ラ ンダは、HPに買収されたデジタル印刷会社インディゴの創設者です。 グ ローブスの レポートによると、Nanographic印刷プロセスを可能にしたのはランダナノインクによるものです。 顔料を構成する粒子の大きさはほんの10ナノメートルです。(人間の髪の毛は約10万ナノメートルです。) 同社は、この印刷プロセスは著しい耐摩耗性、耐 スクラッチ性に対応しており、前処理や特殊なコーティングや特定の種類を必要とせず、新聞紙からプラスチック製の包装用フィルム等、任意 の既製の基板上に印刷することができと説明しています。 Landa is planning to demonstrate its new line of Nanongraphic sheet-fed
Read more

イスラエルの成功例から日本が学べること  ~日本がより発展するためには~

category: Uncategorized
Japanese must tap their ‘inner Israeli’  2006年にエルサレムを訪問した小泉元首相と嘆きの壁。 2012年1月3日にジャパンタイムズに掲載された記事(英文)です。記事にはイスラエルと日本の文化や企業風土の違いに始まり、今では経済の黄金 時代と呼ばれる経済成長を成し遂げているイスラエルから停滞気味の日本が学べることは何かということについて書いてあります。日本語訳はこちら
Read more

イスラエル・テクノロジーデイ2012

category: Uncategorized
国交60周年キックオフイベントとして、2月7日オークラホテルにて開催されたイスラエル・テクノロジーディーは400人近くの参加者が集い盛況なものになりました。 当日はイスラエルより、リボソームの構造決定と機能の解明により2009年ノーベル化学賞を受賞したアダ・ヨナット博士、産業貿易労働省チーフサイエンティスト、そしてベンチャーキャピタル企業や日本・イスラエルIT企業の役員による、イスラエルの研究開発や技術移転等の興味深い講演がありました。 詳しくは月間ニューメディアで紹介されています。
Read more

2011年度イスラエルベンチャーキャピタル報告

category: Uncategorized
IVCリサーチセンターによると、2011年のイスラエル・ハイテク関連M&Aは134%増大し、IPO再度減少傾向にあることがわかりました。2012年2月14日の記者発表全文はこちら。  
Read more

世界最大級農産業総合見本市Agritech2012のご案内

category: 農産業
3年に1度の世界最大級 農産業総合見本市Agritech2012が 5月15日より17日までイスラエル・テルアビブの国際見本市会場にて開催されます。 見本市は農業全体が網羅されますが、出展の中心は施設 栽培、路地栽培、花卉産業、酪農関連、アグロバイオ等です。 現在イスラエルは10アール当たりのトマト収量が50トン、バラ生産本数30万 本、乳牛1頭当たりの年間搾乳量1.2万Lなどの数字が語るように、世界有数の農業先進国であります。 国土の半分が砂漠のイス ラエルが、な ぜ農産物輸出国となりえたかの秘密はこの見本市で体現できることでしょう。今回始めて会場内にイノベーション・パビリオンが設置されます。 ここには選ば れた企業から、今後の農業を見据えた斬新な製品や技術が展示・実演される予定です。 また、Agritech見本市の開催前日、5月14日にアグリ・ヴェスト・ サミット2012(参加有料)http://www2.kenes.com/Agrivest/Pages/Home.aspxも開催されま す。 ア グリ・ヴェストとは農業のアグリと投資(インヴェストメント)のヴェストを合わせた名称で、2050年に到達するであろう世界人口90億人時代の食料需要 を満たすべく農産物の生産性の向上、農業技術発展への投資、エネルギーの有効利用などの講演を通じて参加者のブレーン・ストーミングの機会が得られます。 見 本市会期中(15日16日)は国際CIPA会議が開催されます。 農業用ビニールやプラスチック資材及びその技術や有効利用方法、また鮮度を保つプラス チック包装など多岐の分野の講演が予定されています。  17日にはその現場を視察する専門ツアー(有料)もあります。 同会議のプログラム等詳 細はこちらで御覧いただけます。
Read more