symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

テルアビブにイノベーションセンターが誕生

  起業国家として日本でも認識され始めたイスラエルが、起業国家であり続けるための様々な取り組みが国を挙げてなされる中、その取り組みの一環としてテルアビブにイノベーションセンターが誕生しました。1994年にノーベル平和賞を受賞しているシモン・ペレス前イスラエル大統領自らが開設に尽力をつくした施設であり、過去のイスラエルの発明品の展示以外に、起業家たちが集う場所も提供し、実践的な学習を体験できる場所でもあります。 TechCrunchの紹介記事はこちら TechCrunch Japanにも和訳の紹介記事が掲載されましたので、詳細はこちら イノベーションセンターの入るペレスセンターのHP内の記事はこちら  
Read more

自動販売機にキャッシュレス革命 NAYAX社

自動販売機大国とも言える日本において、イスラエル企業が参入。 7月20日(水)~22日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されたインバウンド・ジャパン2016に出展したキャッシュレス決済を始めとする自動販売機に特化した技術を開発しているイスラエルのNAYAX社のCEOネクマド・ヤイル氏のインタビュー記事がメディアに掲載されました。 NAYAX社のHPはこちら ITpro に掲載の記事の詳細はこちら Payment Naviに掲載の記事の詳細はこちら  
Read more

Vayyar Imaging “人の目を超える”、UWBを使った3Dセンサー

7月4日(月)東京、7月6日(水)大阪でそれぞれ開催されましたイスラエルIoTフォーラムに参加したイスラエル企業11社のうちの1社、Vayyar ImagingがEE Times Japan に取り上げられました。 Vayyar Imagingは高周波3D イメージセンサーの開発、販売を行っています。インテルの前VPであるRaviv Melamedを含む3人の経験豊かな起業家3人によって設立されました。Vayyarのユニークなセンサーは医療画像の現場やスマートホーム、電化製品、ロボティックビジョン、セキュリティなど、幅広い産業への応用可能な技術です。 EE Times Japanに掲載された記事を読むにはこちら
Read more

作物の危険を農家よりも早く察知する農業用ソリューション

      イスラエルのAgroTech企業、PEOSPERA Technologiesが「ロボット情報WEBマガジン ロボスタ」で紹介されました。 コンピュータビジョンの技術を応用し、作物の健康状態や発育状況をモニター・分析する技術を開発しているのがイスラエルのPROSPERA社です。農園のある地域の気候や映像を解析し、生産者のモバイルデバイスやウェブに情報を送ります。 害虫による被害、病気、必要とされる水や栄養、生産量の管理や予測、発育の分析など、データに基づいた情報を生産者に届けます。 「ロボット情報WEBマガジン ロボスタ」で紹介された記事を読むにはこちら
Read more

イスラエルIoTフォーラム 資料

7月4日(月)東京、7月6日(水)大阪にてイスラエルIoTフォーラムが開催されました。東京は230名以上の方、大阪は160名以上の方にご来場を頂き、無事に開催することができました。ご参加いただきました方、また、ご関心をお持ち頂きました方には心より御礼申し上げます。 フォーラム終了後、参加企業のプレゼンテーションをもう一度見たいというご依頼を多数頂戴しましたので、下記のURLより閲覧ができるように致しました。 AllBe Solutions CartaSense HeraMed IQP Corporation Perytons PowerPlug PowerTags Proacts Sensibo
Read more

Waterfall 片方向セキュリティゲートウェイソリューション

昨今、世界中の熱い視線を集めるイスラエルのサイバーセキュリティー業界ですが、Waterfall Security Solutions Ltd.が開発した技術が横河ソリューションサービス株式会社によって日本でも導入可能となりました。通信を片方向に制限することによって、制御ネットワークを100% 防御します。 ソリューションの詳細についてはこちら        
Read more

シンポジウム - どうなる世界経済、どうなる中東

イスラエルの大手銀行トップらを招いたシンポジウム「どうなる『世界経済』、どうなる『中東』」(経済広報センター主催、産経新聞社企画)が15日、都内で開かれた。 この中で、元日本銀行副総裁の武藤敏郎・大和総研理事長は、日銀の金融緩和が足りないと金融市場で指摘されている点について、「日銀は不断の努力をしている印象を市場に与えることが重要だ」と強調した。 同時に、一層の金融緩和策として、資産買い入れ対象である国債残存期間の延長と、国債以外のリスク資産の買い入れを挙げたほか、デフレ脱却まで金融緩和を 続けるとする時間軸政策で、(期間を延ばすなどの)工夫の余地があると指摘。さらに、「デフレ脱却には、政府側の規制緩和など構造改革も不可欠」と政府に も注文を付けた。 また、沖縄県・尖閣諸島問題をめぐる日中関係について、武藤氏は「中国生産は日本の中間財や資本財が支えており、中国経済の足を引っ張る可能性が高い」とし、ベンシトリット駐日イスラエル大使は「早く関係修復してほしい」と語った。 一方、イスラエル・ディスカウント銀行のバハール総裁は欧州債務危機について、自国の政府債務圧縮を例に挙げ、「国の経済規模に関係なく、政府は財政規律を守ることが不可欠だ」と強調した。 デフレ脱却 工夫の余地 (サンケイ新聞2012・10・16)  
Read more

Recent Economic Development (RED) イスラエル銀行による最近の経済情勢評価

最近の経済情 勢 Recent Economic Developments (RED)は、各期間終了後一ヶ月ほど後に公開される4ヵ月ごとの評価です。 図表に よって示された評価は、労働市場、政府活 動、金融政策と資 本市場における価格の国際収支、世界的に主要な進展等の実際の情勢を要約し評価しています。各評価の第2部では、経済に関連する抜粋された問題についてより幅広く評価しています。評価には、イスラエル経済の最新データを示す表も含まれています。 REDバイリンガル印刷版 (英語/ヘ ブライ語) も御用意しております。詳細はこちら。(英文)
Read more