symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

イスラエル 日本との経済連携の強化計画発表

新年早々、安部首相のイスラエル訪問が予定されており、今年はイスラエルと日本の経済関係強化がますます期待が高まっています。 記事全文は下記のリンクをご覧下さい NHK Web News イスラエル 日本との経済連携の強化計画発表
Read more

シンポジウム - どうなる世界経済、どうなる中東

イスラエルの大手銀行トップらを招いたシンポジウム「どうなる『世界経済』、どうなる『中東』」(経済広報センター主催、産経新聞社企画)が15日、都内で開かれた。 この中で、元日本銀行副総裁の武藤敏郎・大和総研理事長は、日銀の金融緩和が足りないと金融市場で指摘されている点について、「日銀は不断の努力をしている印象を市場に与えることが重要だ」と強調した。 同時に、一層の金融緩和策として、資産買い入れ対象である国債残存期間の延長と、国債以外のリスク資産の買い入れを挙げたほか、デフレ脱却まで金融緩和を 続けるとする時間軸政策で、(期間を延ばすなどの)工夫の余地があると指摘。さらに、「デフレ脱却には、政府側の規制緩和など構造改革も不可欠」と政府に も注文を付けた。 また、沖縄県・尖閣諸島問題をめぐる日中関係について、武藤氏は「中国生産は日本の中間財や資本財が支えており、中国経済の足を引っ張る可能性が高い」とし、ベンシトリット駐日イスラエル大使は「早く関係修復してほしい」と語った。 一方、イスラエル・ディスカウント銀行のバハール総裁は欧州債務危機について、自国の政府債務圧縮を例に挙げ、「国の経済規模に関係なく、政府は財政規律を守ることが不可欠だ」と強調した。 デフレ脱却 工夫の余地 (サンケイ新聞2012・10・16)  
Read more

Recent Economic Development (RED) イスラエル銀行による最近の経済情勢評価

最近の経済情 勢 Recent Economic Developments (RED)は、各期間終了後一ヶ月ほど後に公開される4ヵ月ごとの評価です。 図表に よって示された評価は、労働市場、政府活 動、金融政策と資 本市場における価格の国際収支、世界的に主要な進展等の実際の情勢を要約し評価しています。各評価の第2部では、経済に関連する抜粋された問題についてより幅広く評価しています。評価には、イスラエル経済の最新データを示す表も含まれています。 REDバイリンガル印刷版 (英語/ヘ ブライ語) も御用意しております。詳細はこちら。(英文)
Read more