symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

download

GEがイスラエル-日本のIoTスタートアップを買収

category: 投資
  イスラエル大使館経済部が支援するイスラエル-日本両国で活動するスタートアップ企業IQPを米ゼネラル・エレクトリックが買収することになりました。以下イスラエルの日刊紙Haaretzの記事の要約文です。 ————————————————- 米ゼネラル・エレクトリック(GE)がイスラエル-日本のIoTスタートアップIQPを約4000万米ドルで買収することがわかった。 IQPはIoT(モノのインターネット)用のコードフリーのアプリ開発環境を提供している。同社はGuy Kaplinsky 氏・Maki 氏夫妻が 2011年に日本で設立した企業で、イスラエルのヘルツェリアに研究開発センターを有する。同社は2016年に事業拡大を期して本社を日本からシリコンバレーへ移転させた。同社は富士通から600万米ドルの出資を受けている。 IQPの社員15名はGEデジタルのヘルツェリア開発センターの一部として「Predix」ソフトウェアプロジェクトに編入される見込み。GEとIQPは以前にヘルツェリアでGEデジタルのアクセラレータとして協業した経緯がある。 IQPの顧客にはトヨタ自動車、富士通、モトローラ等が名を連ねる。また同社のアプリは構築しやすく、ウェブ構築ツールのWixと同じように使用できる。 GEデジタルの William Ruh氏(CEO)は「IQPの買収によってPredixシステムがより使いやすくなり、パートナー企業はロジカルにアプリ構築できるようになる」とコメントした。 ————————————————- 原文はこちらをご覧ください。(英語) GE Buys Israeli-Japanese ‘Internet of Things’ Startup for $40 Million
Read more

Hearing Red:革新的なイスラエルの血流センサーを扱うスタートアップ企業がGEのHealthymaginationファンドからの投資を取得

category: 医療
十分な血流と酸素を維持することは、集中治療患者にとって主要な臨床目標です。  しかしながら今日、完全な測定は、しばしば外科的処置を施さなければならない複数の機器を使用してのみ達成可能です。 外科敵処置を必要とせず費用抑えた上で、脳内の血流と酸素量を継続的に監視できる正確 なマルチパラメータが、臨床上強く必要とされています。 米国食品医薬品局(FDA)の規格に合格したOrnim社のCerOxは、超音波と組み合わせた近赤外分光器で、これは成人患者の2つの重要なパ ラメータを臨床医が監視する事を可能にしました。.2つのパラメータとは、脳内またはCerOxセンサー下の頭蓋骨筋肉組織における各部分のモグロビン酸素飽和度と、そして組織内微小循環血流量の測定です。これは並行して測定できる唯 一の機器です。 GE healthymagination Fundからの投資を受けたことで、 このセンサーを市場に持って来やすくなりました。Ornimは、GEと ともにOrnim、OrbiMedイスラエル、そしてバイオ医薬品や医療技術企業の開発に力を注いでいる世 界トップクラスの大 手投資会社から投資総額2,000万ドルを得ました。 「Ornimの 技術が革新的であるだけでなく、救命医療設定の必要な患者のより良いモニタリングを約束し、そして臨床医に患者を支援するための追加情報を提供してくれるのです。」と、GE Healthcare Systems Life Care SolutionsのゼネラルマネージャーThierry Leclercqは述べています。 GEのhealthymaginationファ ンドは非常に有望な医療技術系企業に投
Read more