symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

Googleがイスラエル製ナビゲーションアプリWAZEを買収

Googleが人気のイスラエル製ナビゲーションアプリWAZEの買収を発表しました。買収額は推定$1.1-1.3億で、これまでイスラエルの会社のトップの買収となります。WAZEの経営陣は、社の活動が少なくとも今後数年間はイスラエルに留まるよう尽力した模様です。 Google VP、ブライアン・マクレンドンは、Googleの公式ブログで取引について次のように語っています。あなたの裏をかくトラフィック、今日我々は、我々はWazeの買収を発表することに興奮を隠せません。急成長を遂げている、交通に注目するドライバー達のコミュニティは、自宅から職場までの最適なルートを見つけるために毎日共に取り組んでいます。Waze製品開発チームは、イスラエルに残り、当面は別々に動作します。我々はWazeとGoogleの検索機能を備え向上したWazeが提供するトラフィックのアップデート機能の一部で、Googleマップを強化する見通しに興奮しています。 ピーター·コーハンは、Googleが買収した主な理由4つをフォーブスに伝えています。 WAZEのユーザーエンゲージメント – その世界中に拡散する50万人のユーザーは、偉大な支持者であり、”共有”の文化の一部であることに感謝しています。 WAZEをFacebookやアップルの管理外に置くことによって、競争を阻止すること 交通事故報告のようなGoogleが欠いている機能を、WAZE機能で追加する WAZEをGoogle Mapの代わりに使う この取引はニューヨークタイムズでも取り上げられました。 取引や食事をする場所を見つけたり、不慣れな道のナビゲーションであったり、移動中の位置情報の重要性に注目しています。 Forbesの記事全文はこちら click here. ニューヨークタイムズの記事全文はこちら New York Times TechCrunch の記事全文はこちら click here.
Read more

スタートアップ・エコシステム・インデックス - 世界をリードするテルアビブ

Startup Genomeは、世界トップクラスのスタートアップ・エコシステムの上半期調査報告を発表しました。このリストはスタートアップ・エコシステム・インデックスと 呼ばれています。TechCrunchの報告によると、テルアビブはシリコンバレーに次ぐ都市として、リストのトップを飾っています。 カリフォルニア大学バークレー校スタンフォード大学テレフォニカ・デジタル社の提携でコラボレーションし制作された比較分析報告は、世界的な現象としてシリコンバレーを超えて拡張し始めているスタートアップ生態系の景観を含む、数多くの話題をカバーしています。 レポートには、起動時の出力、資金調達、会社の業績、力量ト、サポートインフラ、起業家のマインドセット、流行傾向とエコシステムへの分化を含む50の可変指数と、8の構成指数に基づいてスタートアップ。エコシステムの世界ランキングをまとめました。 ここテルアビブのスタートアップのエコシステムについての報告の中で述べた内容の一部です:国としてのイスラエルは建国わずか60年で人口はたったの700万人ですが、世界でもハイテク新興企業関しては最高密度をを誇る国です。 2009年には、イスラエルの63企業がハイテク系NASDAQに上場しています。 -そしてそれはヨーロッパ、日本、韓国、インド、中国を合わせた数を上回っているのです。 今日、インテルマイクロソフトグーグルシスコをはじめとする、ほぼすべての主要なハイテク企業はイスラエルでなんらかの子会社を持っています。その結果、イスラエルのハイテク社員の39%が多国籍企業のR&D部門で働いています。 スタートアップのエコシステム·インデックスでは、テルアビブは世界第二位のランクイン。、それは高度発達を遂げたエコシステムへの投資、強い起業家文化、活気に満ちたサポート·エコシステムとその才能に対する惜しみないサポートによって得たものです。 テルアビブがスタートアップの例として引用されているものとして、 
Read more