symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

地銀など7行の偽サイト出現 ケラ社が発見

イスラエルの情報セキュリティー会社KELA Groupは、日本の地方銀行やインターネット銀行など7行の偽サイトを発見し、警察庁に通報した。預金者にIDやパスワードを入力させて盗み出そうとする。ケラ社は偽サイトへのアクセスを促す電子メールなどに注意するよう呼びかけている。 ケラ社が発見したのは本物そっくりに作られたスマートフォン(スマホ)向けサイト。日本の銀行の偽サイトを立ち上げるためのソフトがネットの闇市場で20ドル(約2200円)程度で売買されており、今後も被害が増えそうだという。 偽サイトを使ったサイバー攻撃では欧米の金融機関が主な標的だったが、銀行や預金者の警戒心が強まっており、以前ほど容易にはだませなくなってきている。ケラ社では、まだこの手口になじみの薄い日本が狙い目とみて、サイバー犯罪者が攻勢を強めていると分析する。 全文を読むにはこちらをクリック↓(会員登録が必要です) 地銀など7行の偽サイト出現 ケラ社が発見
Read more

スタートアップ・エコシステム・インデックス - 世界をリードするテルアビブ

Startup Genomeは、世界トップクラスのスタートアップ・エコシステムの上半期調査報告を発表しました。このリストはスタートアップ・エコシステム・インデックスと 呼ばれています。TechCrunchの報告によると、テルアビブはシリコンバレーに次ぐ都市として、リストのトップを飾っています。 カリフォルニア大学バークレー校スタンフォード大学テレフォニカ・デジタル社の提携でコラボレーションし制作された比較分析報告は、世界的な現象としてシリコンバレーを超えて拡張し始めているスタートアップ生態系の景観を含む、数多くの話題をカバーしています。 レポートには、起動時の出力、資金調達、会社の業績、力量ト、サポートインフラ、起業家のマインドセット、流行傾向とエコシステムへの分化を含む50の可変指数と、8の構成指数に基づいてスタートアップ。エコシステムの世界ランキングをまとめました。 ここテルアビブのスタートアップのエコシステムについての報告の中で述べた内容の一部です:国としてのイスラエルは建国わずか60年で人口はたったの700万人ですが、世界でもハイテク新興企業関しては最高密度をを誇る国です。 2009年には、イスラエルの63企業がハイテク系NASDAQに上場しています。 -そしてそれはヨーロッパ、日本、韓国、インド、中国を合わせた数を上回っているのです。 今日、インテルマイクロソフトグーグルシスコをはじめとする、ほぼすべての主要なハイテク企業はイスラエルでなんらかの子会社を持っています。その結果、イスラエルのハイテク社員の39%が多国籍企業のR&D部門で働いています。 スタートアップのエコシステム·インデックスでは、テルアビブは世界第二位のランクイン。、それは高度発達を遂げたエコシステムへの投資、強い起業家文化、活気に満ちたサポート·エコシステムとその才能に対する惜しみないサポートによって得たものです。 テルアビブがスタートアップの例として引用されているものとして、 
Read more