symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

イスラエルの革新的技術で世界の食糧需給を支える

category: 農産業, 食品
「農家は次の40年間に過去1万年間で生産した食糧と同じ量の食糧を生産しなければならない」 イスラエルはこれまで、世界中の農家のために革新的な技術を開発し、今日最も先進的な農業技術国としてよく知られています。 この農業技術の「インキュベーター」であるイスラエルにて生まれたKaiima Bio-Agritech社は、現在地球上に存在する8億人の飢えに苦しむ人々や「農家が2050年までに今日よりも70%多くの食糧を生産しなければならない」という課題の解決に取り組んでいます。 Kaiima社独自の非遺伝子組み換え技術であるEP™テクノロジーは、飛躍的に収量を増加させて植物の生産性を向上させるだけでなく、土地や水の使用効率も向上させ世界の農家に付加価値を提供しております。 Kaiima社は同社技術をトウモロコシ・米・小麦・大豆など主要な穀物に適用して提供しております。また工業原料となる、ひまし(Castor)種の提供にも取り組んでおります。 米雑誌Seed TodayのKaiima記事全文を読む。 この記事に関するお問い合わせは大使館経済部 吉見まで。
Read more

Global Cleantech 100 Index: Israel “the stand-out country”

category:
一流調査会社Cleantech Group は、今後グローバルクリーンテック分野で活躍が見られる民間企業がリストアップされた、第4回グローバル·クリーンテック100のリストを公開しました。イスラエルは、2012年グローバル·クリーンテックイノベーションランキングで第2位の国として、革新的で市場志向の両方を兼ね備える企業をそろえる、指導的立場にあります。 Israel NewTechによると、Cleantech Groupは、これからの5年10年に大きな商業的影響を及ぼす可能性が最も高いれるグローバル·イノベーション·コミュニティのシフトビューがどの種の会社のどんなタイプに向いて行くかを、毎年恒例の”バロメーター読み取り”として、最新のレポートを出しています。イスラエルが過去の報告書で認識されてたなら、このレポートは、世界のクリーンテック市場での強さを確実なものにしたでしょう。レポートの “見出し”の一つは、国内総生産(GDP)の1兆アメリカドル当たりの企業の集積を見たとき、イスラエルは際立っている国であることを引き合いに出しています。 「イスラエルの技術の強さと起業家文化はクリーンテックの世界でもよく知られています。 そしてIsrael NewTechような政府プログラムに一貫して支えられている強力な地域イノベーション·エコシステムは、クリーンテクノロジー新興企業を後押しするのに有望視されています。」と、クリーンテック・グループ・ヨーロッパアジア・マネージングディレクターでありグローバルクリーンテック100とグローバルクリーンテックイノベーション指数の共同著者であるリチャード·ヤングマンはコメントしています レポートによると、ヤングマン氏は、今日のグローバルクリーンテックで彼が注目する傾向を明らかにしました。これらの一つは、 「本当の必要性、現実の問題、今のところ」市場が何を必要としているかに的確に焦点を当てることが常に最優先される。イスラエルは、その革新性だけでなく市場に焦点を置いているところがユニークな「スイートスポット」に位置しているように思われます。 Tこれは、イスラエルが最も革新的な国ランキング第二位に付けている事実だけでなく、2012年グローバル·クリーンテック100のリストに6社がランクインしたいう事実によって証明されています。(ちなみランキング一位はデンマークで、100のリストには二社のみがランクインしています。) オデッド·ディステル氏、Israel NewTechのヘッドは、このコメントを受けて次のように述べています。「世界の経済情勢に起因して、今日のクリーンテック市場は、はるかに問題解決と真の市場ニーズを満たすことに焦点を当てています。この傾向は、企業が顧客のニーズに対し迅速に焦点を当てて、より効率的なソリューションを提供する必要があります。イスラエルの企業はこれを得意とし、彼らの革新的なキャラクターと共に、この組み合わせを持って成功は間違いないでしょう。」 オデッド·ディステル氏はさらに続けて以下のように述べています。「イスラエルニューテックで我々は、実際にイスラエルの企業が世界中の様々な市場の要求を満たす為のお手伝いを日々しています。私達は、さまざまな市場のニーズを探索するし、イスラエルの企業にそれらのニーズを伝えるため地球を駆け巡っています。私たちはその活動に数々の成功を収めています。例えば、南米の鉱山業界やインドの繊維産業は目標に定m、得ている効率を達成する為には特殊な水溶液を必要としています。それを踏まえ、私達の仕事として、これらの分野に関連したイスラエル企業の代表団を呼び、多くの場合、ビジネス·チャンスをもたらす会議の手配など設定しています。」 イスラエルは今年2012年のグローバルクリーンテック100リストに切り込んだ13カ国の一つであり、2011年に比べて二社多い、6社をリストに載せています。掲載された企業は、
Read more
Agritech-logo

AgrivestサミットでAgritech投資のチャンス!

イスラエルは農 業技術の革新を先導する国として世界でも注目を浴びている事をご存知ですか。今回5月15日から17日まで開催されるアグリテック・イスラエルが農業分野での非常に重要なイベントとして注目されている理由です。世界中の投資家が関心を寄せてい
Read more