symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

第四回モービルアイ セミナー

後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」は、2011年12月の発売から5年目を迎え、日本国内での導入台数は5万台を超えました。 Japan 21が開催するセミナー第4回目は、「事故削減効果」をテーマに、ユーザ事例として日立物流様が「安全はすべてに優先する」というお題にて、モービルアイの導入背景やその効果について全会場にてご講演いただくほか、東京および名古屋では導入開始から2年以上経過した愛知県東海市本社の丸玉運送様にご登壇いただきます。さらに大阪会場では、フリートマネジメントシステムの「イトラン」を用いてデータ連携を行い、モービルアイによる運転状況の可視化の取り組みを始めた兵庫県川西市本社の山角興業様にその狙いと効果についてご講演いただきます。 モービル・アイ セミナーご案内
Read more

モバイルアイ―クルマの最新事故防止技術

画像処理技 術を用いて車両の安全ソリューションを開発したイスラエルのMobileye社は、YnetNewsのレポートに よると、10億ドルの企 業価値を予測し、一部のアナリストは上昇傾向にあると見ています。当社の技術はすでに、GM, BMWボルボ社の車両に組み込まれています。 当社のプレスリリースによると、独自のチップセットとアルゴリズムによって駆動されるMobileyeのユニークなビジョンベースのプラットフォームは、リ アルタイムで前方衝突、車線逸脱、前方予測、速度と歩行者のリスクを分析し、第三の目として動作し、ド ライバーが事故を回避できるよう援助することによって安全性を向上させるよう、映像と音声ア ラートを発します。 Mobileye社はまた、世界初のスマートフォンに接続された運転支援システムの立ち上げを発表し、これはGPSとエ アバッグの発明以来の最も重要な革新で あると主張しています。Mobileye の5シリーズは、交通状況を読み込み、危険が見込まれる道路の情報を直接スマートフォンへ送り込み、運転手がリアルタイムで警告を受信出来るようにします。また、新シリーズは道路標識を読み込みます。ヘッドライトの自動制御に加え、車線逸脱警告、前方衝突警報、車間距離監視と歩行者・自転車衝突警告も発します。 衝突防止補助システムMobileyeは、
Read more