symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

イスラエルの製薬会社に開かれたヨーロッパの扉

The European ParliamentはAACA協定を批准しました。これは、基本的にイスラエルの製薬品がヨーロッパで遅延やさらなる検査なしで販売することができることを意味しています。 .欧州議会によって承認されたことにより、これからは新たな契約下で、EUの認定医薬品は追加承認なしてイスラエルに輸出入されることになります。 広範な議論を2年以上繰り広げた後、議会は賛成230反対379票41棄権との結果と得て、相互認識の契約を承認しました。 製薬証明書の相互承認に関するEU-イスラエルの合意は、貿易の技術的障壁を取り除きメーカーのコストを削減し、そしてなによりの利点は、製品をいち速く市場に送り出せる事です。 これはヨーロッパの消費者にとって、より低価格でより広範囲のジェネリック製品を選択出来る事をを意味します。 協定は、ヒト由来の組織や細胞に基づいた特別医薬品、血液製剤を含む高度治療用製薬品を除き、すべての医薬品に適用されます Jewish Chronicleに最近記載された記事に、 Conservative MEP for Londonのマリーナ・ャンナコウダキスと、欧州議会保険担当の彼女の党のスポークスマンは、何故今イスラエルとEUが自由取引に突入しようとしているのか、その理由を次のように述べています: 「 EU加盟国は医療費高騰の問題に直面しています。医薬品の過剰処方や高齢化などの要因から費用削減の模索は不可欠となっています。イスラエルは小国にもかかわらず、主要な医療技術革新の最前線にいるのです。」 ,EUは、オーストラリア、ニュージーランド、日本、そしてスイスでもこの分野での相互承認協定を持っており、アルジェリア、エジプト、ジョルダン、レバノン、モナコ、チュニジアを含む地中海諸国と同様のものを交渉を予定しています。 欧州議会の発表 click here. 駐英国イスラエル大使館経済部ブログ投稿記事全文 click here.
Read more

テバ製薬発足 大洋薬品工業と興和テバが統合

イスラエルのテバファーマスーティカル・インダストリーズ傘下の大洋薬品工業と興和テバが統合・再編し、4月1日にテバ製薬が発足しました。2015年中の売上高1000億円達成を目指し事業を展開します。
Read more