symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

テロ対策ビジネス最前線 BS1 3月6日午後10時 放送  

BS1でイスラエルのテロ対策最前線を紹介するドキュメンタリーが放送されます。 テロ対策ビジネス最前線 ~台頭するイスラエル企業~   放送:3月 6日(日) 22:00~22:49  再放送:3月10日(木) 18:00~18:49 パリでの同時多発テロを受け、世界はテロ防止に向けた態勢整備を急いでいる。現在、テロ対策を国家ビジネスとして強力に押し進めているのがイスラエルだ。1月26日、テルアビブで世界最大規模の「CyberTech」エキスポが開催される。軍事技術の結晶と言われるドローン、通信傍受や画像解析による監視システム、周辺国とのサイバー戦で培ったセキュリティ能力。同国の圧倒的な技術開発力を下支えしているのはイスラエル国防軍だ。2014年、同国のサイバーセキュリティ関連製品の輸出額は、初めて兵器輸出総額を超えた。テロ対策技術が浸透していく先には、どんな社会が待っているのだろうか。テロ対策ビジネスの最前線を取材し、その行方を考える。 R.Yoshimi
Read more

テロ対策特殊装備展 SEECAT 2013

東京ビッグサイトで10月2日より3日間開催された「テロ対策特殊装備展」は11,959人の来場者を記録し、イスラエルブースにも沢山の方々にお立ち寄り頂きました。     初日と二日目に行われたイスラエル企業による特別セミナーも満席となり、盛況なものとなりました。 プレゼンテーションの一部はこちらのリンクでご覧頂けますので、ご利用下さい。 AEROMAOZ 見る事そして制御する事、陸海空での照明、暗視そしてHMインターフェイス CONTROP 革命的な監視・偵察用電子工学/赤外線ソリューション DSIT 水中からの脅威に対する港湾インフラ施設の防衛について ELBIT Elbit System社の独自の知識・ノウハウ及び無人機に関して ELFAR 前半 
Read more

International Defense & HLS Conference 2013

第6回国際防衛と安全保障会議(ISDEF)がイスラエル、テルアビブで開催されます。世界規模のホームランド・セキュリティと防衛産業の最新情報を、セキュリティ業界では最先端を行くここイスラエルで一同に垣間見る事が出来ます。ビジネスと防衛ぼ首脳会談として知られているISDEFは、イスラエルで最大かつ最も重要な防衛およびセキュリティイベントとして認知されています。 ISDEF2013は国際的防衛とセキュリティコミュニティにおいて、ビジネス関係を高め戦略的協力を強化するための重要な機会となります。 ISDEFは、防衛およびセキュリティ業界で最も関連性の高い構図に基づいて、ビジネスブリッジ、ネットワーク·強化関係を構築するユニークな機会であり、イスラエル内外の新興企業にとって理想的なプラットフォームを提供します。 イスラエル国防&HLS市場を熟知できるチャンス 世界60カ国以上から15,000人の来場者 世界中から250の出展者 国際的公的機関とビジネス代表団 潜在的なエンドユーザーと直接対面対話 ナショナルパビリオン ローカルおよび国際的なマスコミ報道 市場で最も先進的な製品のライブ・デモンストレーション 会場の広さ、5000平方メートル 9会議とセミナー ネットワーキングおよびB2Bのミーティング 詳しくはこちら International Defense & HLS Conference 2013 (英文)  
Read more

イスラエル証券庁、IOSCOに正規メンバーとして参加決定

.証券監督者国際機構(IOSCO)は5月に中国で開催された年次会議で、全24 IOSCOメンバーによる全会一致を得て、正規メンバーとして欧州地域委員会(ERC)へのイスラエル証券庁の参加申請を承認しました。 Globesのレポートによると証券庁会長教授シュムエルハウザーは次のように野毛手います。「これはイスラエルの法令にとって名誉なことです  この決定は、最高の国際基準を満たしているイスラエルの法令の質の高さとプロフェッショナリズムに対して、欧州人の評価を反映していいます。我々が先月示した来年度資本市場においての今後の規制のロードマップの一部として、イスラエルとEU加盟国間の証券法における規制の質の相互承認に私たちが近づける重要なステップであります。”この決定は、国際通貨基金(IMF)、経済協力開発機構(OECD)のイスラエルの監督の質は世界でも最高の域にあるとの見解と、そしてイスラエルの目論見書を認めたERC決定に基づいたものです。」 イスラエルがERCへの参加を決めた理由は、それはアフリカ中東地域委員会(AMERC)において同格のメンバーとしての活動を阻止されるという困難や制約を受けているからです。 ERCのメンバーシップは、AMERCにおけるイスラエルのメンバーシップに取って代わることが出来ます。今までは、証券取引当局は中東に於ける政治的、外交的、そセキュリティ状の問題上、AMERC議論やイスラエルとの外交関係を持たない国で開催される会合への参加を避けて来ました。 YnetNewsはハウザー氏のコメントを次のように報告しています。  「これは、資本市場における今後の規制のロードマップの一環として、イスラエルとヨーロッパ圏の国々の間で証券法における規制の質の相互承認に近づける重要なステップです。」 アドヴォケート・オーニッツ・クラヴィッツ国際部ディレクターは、「ロードマップの主な目標の一つは、最も先進的な基準を満たしている規制インフラを構築しながら、世界でもイスラエル資本市場の状況を向上させることです」と述べています。 また次のようにも述べています。「規制を強化することはイスラエルおよび海外資本市場に降りかかる憲法上のリスクに対処するためにも重要なことでうす。”証券監督者国際機構(IOSCO)のヨーロッパ地域委員会を介して、私達は対応する規制当局と協力していかなくてはなりません。。」 Globes記事全文(英文) click here. YnetNews記事全文(英文) click here.
Read more

視察ツアー イスラエルHIL2012

category: Uncategorized
第二回ホームランド・セキュリティ国際会議が11月11日からテルアビブで開かれます。 イスラエル大使館経済部協賛、近畿日本ツーリストにより、ホームランドセキュリティ国際会議・視察ツアーが組まれます。 日程は 2012年11月10日から16日で、滞在中に大使館協力の元、サイバー・セキュリティ関係者との夕食会を予定しております。座席に限りがございますので、お早めに下記のウェブサイトよりお申込みください。 詳細・お申込みはこちら ISRAEL HLS 2012 視察ツアー ISRAEL HLS 2012 公式サイト
Read more

イスラエルのセキュリティ - ルーブル美術館とブリティッシュ・テレコムの選択

category: Uncategorized
イスラエルは長きに渡りセキュリティ・テクノロジーのリーダーと世界から認められてきました。そして今日、ルーヴル美術館とブリティッシュ·テレコムはそのセキュリティにイスラエル企業を選択 しました。 YnetNews は、フ ランスに拠点を置くイスラエルの子会社Synelがパリのルーヴル美術館と大規模な契約をかわしとを報告しています。主要プロジェクトの一環として、Synelフランスは、電子出席と組み合わせたセキュリティアクセス制御のための包括的なシステムをインストールする契約をかわしました。博物館の セキュリティを高めるために計画されたプロジェクトは、Synel社の出退勤管理のハードウェアのインストールと 共に、指紋認証、キーパッド入力、磁気カード、 バーコードカード、近接型カード、非接触型スマートカード、顔認識機能などの設備設置を伴います。 ルーヴル美術館はご存知の通り、世界最大級の美術館の一つです。先史時代から19世紀までの、3万5千点に及ぶオブジェが、60600平方 メートルのフロアーに展示されて います。2011年には880万人の来場者数を記録しました。Synel社の営業副部長Erez Buganim氏は、「ルーヴル美術 館は、常に盗難の危険にさらされて、時には従業員による盗難も考えられます。ですから、このセキュリティ・システムが必要とされているのです。このシステムで、貴 重な芸術が保管されている博物館内に不法侵入者が入り込むことを阻止することができるのです。」と述べています。 Synelフ ランスとイギリスの最高経営責任者ダニー·ファーバー氏は、2012年末までに、200以上のフランスの組織がこの新技術を使用すると予想しています。「ルーヴルのプロジェクトは、Synel社が最近フランスとイギリスで開始した数々の新プロジェクトの 一つであります。」と述べています。 YnetNewsによると、ブリティッシュ·テレコム(BT)はその専用アカウントのセキュリティにイスラエル企業のCyber-Ark社を選択しました。Cyber-Ark社は、重要アプリケーション、IDおよび機 密情報の保護および管理を担う世界有数の情報セキュリティプロバイダです。1999年に設立され、 雇用人数は200人。最近JVP venture
Read more