symbol

イスラエル大使館 経済部

Tokyo, Japan

Vayyar Imaging “人の目を超える”、UWBを使った3Dセンサー

7月4日(月)東京、7月6日(水)大阪でそれぞれ開催されましたイスラエルIoTフォーラムに参加したイスラエル企業11社のうちの1社、Vayyar ImagingがEE Times Japan に取り上げられました。 Vayyar Imagingは高周波3D イメージセンサーの開発、販売を行っています。インテルの前VPであるRaviv Melamedを含む3人の経験豊かな起業家3人によって設立されました。Vayyarのユニークなセンサーは医療画像の現場やスマートホーム、電化製品、ロボティックビジョン、セキュリティなど、幅広い産業への応用可能な技術です。 EE Times Japanに掲載された記事を読むにはこちら
Read more

スタートアップ・エコシステム・インデックス - 世界をリードするテルアビブ

Startup Genomeは、世界トップクラスのスタートアップ・エコシステムの上半期調査報告を発表しました。このリストはスタートアップ・エコシステム・インデックスと 呼ばれています。TechCrunchの報告によると、テルアビブはシリコンバレーに次ぐ都市として、リストのトップを飾っています。 カリフォルニア大学バークレー校スタンフォード大学テレフォニカ・デジタル社の提携でコラボレーションし制作された比較分析報告は、世界的な現象としてシリコンバレーを超えて拡張し始めているスタートアップ生態系の景観を含む、数多くの話題をカバーしています。 レポートには、起動時の出力、資金調達、会社の業績、力量ト、サポートインフラ、起業家のマインドセット、流行傾向とエコシステムへの分化を含む50の可変指数と、8の構成指数に基づいてスタートアップ。エコシステムの世界ランキングをまとめました。 ここテルアビブのスタートアップのエコシステムについての報告の中で述べた内容の一部です:国としてのイスラエルは建国わずか60年で人口はたったの700万人ですが、世界でもハイテク新興企業関しては最高密度をを誇る国です。 2009年には、イスラエルの63企業がハイテク系NASDAQに上場しています。 -そしてそれはヨーロッパ、日本、韓国、インド、中国を合わせた数を上回っているのです。 今日、インテルマイクロソフトグーグルシスコをはじめとする、ほぼすべての主要なハイテク企業はイスラエルでなんらかの子会社を持っています。その結果、イスラエルのハイテク社員の39%が多国籍企業のR&D部門で働いています。 スタートアップのエコシステム·インデックスでは、テルアビブは世界第二位のランクイン。、それは高度発達を遂げたエコシステムへの投資、強い起業家文化、活気に満ちたサポート·エコシステムとその才能に対する惜しみないサポートによって得たものです。 テルアビブがスタートアップの例として引用されているものとして、 
Read more

Global Cleantech 100 Index: Israel “the stand-out country”

category:
一流調査会社Cleantech Group は、今後グローバルクリーンテック分野で活躍が見られる民間企業がリストアップされた、第4回グローバル·クリーンテック100のリストを公開しました。イスラエルは、2012年グローバル·クリーンテックイノベーションランキングで第2位の国として、革新的で市場志向の両方を兼ね備える企業をそろえる、指導的立場にあります。 Israel NewTechによると、Cleantech Groupは、これからの5年10年に大きな商業的影響を及ぼす可能性が最も高いれるグローバル·イノベーション·コミュニティのシフトビューがどの種の会社のどんなタイプに向いて行くかを、毎年恒例の”バロメーター読み取り”として、最新のレポートを出しています。イスラエルが過去の報告書で認識されてたなら、このレポートは、世界のクリーンテック市場での強さを確実なものにしたでしょう。レポートの “見出し”の一つは、国内総生産(GDP)の1兆アメリカドル当たりの企業の集積を見たとき、イスラエルは際立っている国であることを引き合いに出しています。 「イスラエルの技術の強さと起業家文化はクリーンテックの世界でもよく知られています。 そしてIsrael NewTechような政府プログラムに一貫して支えられている強力な地域イノベーション·エコシステムは、クリーンテクノロジー新興企業を後押しするのに有望視されています。」と、クリーンテック・グループ・ヨーロッパアジア・マネージングディレクターでありグローバルクリーンテック100とグローバルクリーンテックイノベーション指数の共同著者であるリチャード·ヤングマンはコメントしています レポートによると、ヤングマン氏は、今日のグローバルクリーンテックで彼が注目する傾向を明らかにしました。これらの一つは、 「本当の必要性、現実の問題、今のところ」市場が何を必要としているかに的確に焦点を当てることが常に最優先される。イスラエルは、その革新性だけでなく市場に焦点を置いているところがユニークな「スイートスポット」に位置しているように思われます。 Tこれは、イスラエルが最も革新的な国ランキング第二位に付けている事実だけでなく、2012年グローバル·クリーンテック100のリストに6社がランクインしたいう事実によって証明されています。(ちなみランキング一位はデンマークで、100のリストには二社のみがランクインしています。) オデッド·ディステル氏、Israel NewTechのヘッドは、このコメントを受けて次のように述べています。「世界の経済情勢に起因して、今日のクリーンテック市場は、はるかに問題解決と真の市場ニーズを満たすことに焦点を当てています。この傾向は、企業が顧客のニーズに対し迅速に焦点を当てて、より効率的なソリューションを提供する必要があります。イスラエルの企業はこれを得意とし、彼らの革新的なキャラクターと共に、この組み合わせを持って成功は間違いないでしょう。」 オデッド·ディステル氏はさらに続けて以下のように述べています。「イスラエルニューテックで我々は、実際にイスラエルの企業が世界中の様々な市場の要求を満たす為のお手伝いを日々しています。私達は、さまざまな市場のニーズを探索するし、イスラエルの企業にそれらのニーズを伝えるため地球を駆け巡っています。私たちはその活動に数々の成功を収めています。例えば、南米の鉱山業界やインドの繊維産業は目標に定m、得ている効率を達成する為には特殊な水溶液を必要としています。それを踏まえ、私達の仕事として、これらの分野に関連したイスラエル企業の代表団を呼び、多くの場合、ビジネス·チャンスをもたらす会議の手配など設定しています。」 イスラエルは今年2012年のグローバルクリーンテック100リストに切り込んだ13カ国の一つであり、2011年に比べて二社多い、6社をリストに載せています。掲載された企業は、
Read more

イスラエルのスタートアップ企業ジンジャー、500万ドルの投資を取得

category: Uncategorized
Via Ynet Hong Kong billionaire Li Ka-shing takes a shine to local businesses; opts to finance online proofreading software developer ハチソン支 配株主、香港の富豪李嘉誠氏は、イ スラエルのスタートアップ企業ジンジャーソフトウェアに 500万ドルを投資すると発表しました Yael Karovによって2007年に結 成された
Read more

躍動するテルアビブ - CBSニュース 60ミニッツ

CBSニュース60ミニッツの特派員ボ ブ·サイモンは、国際都市テルアビブを動かしているものが何であるかを見るために現地を訪問しま した。彼は、「イスラエルのハイテクの父」ヨッシー・バルダイ氏、テルアビ市長ロン・フルダイ氏、ゲイ活動家ギャル・オチョヴィスキー氏、はじめ数々の人々をインタビューし、そこから浮き彫りにされた光景は、現在をいきいきと生きる住民に満ち溢れた活気のある街でした。 Youtubeでの視聴はこちら 記事はこちら(英文)
Read more

イスラエル・バイオテクノロジーの10年 – Biomed 2012に向けて

イスラエル・タイムズ紙は、今月イスラエルで5 月21-23開催されるBiomedイ ベントに期待を寄せて、イスラエ ルのバイオテクノロジー部門の方向性についてレポートしました。60社の及ぶイスラエルの企業のイベントへの参加を予定しており、 世界中からの訪問者が6000人に達するだろうと予想しています。
Read more

Agritech news: Moraflora社、農作物保護に革命!

category: Uncategorized
イスラエル人が創設したMoraflora社は、病気に対し 遺伝的耐性を作る予防接種を植 物あたえる方法を考案しました。HAARETZの詳細記事によると、米 国政府はこの技術が非常に有益であるとみなし、フィールドトライア ルテストのための資金援助に乗り出しました。 Moraflora社のドータン・ペ レグ氏の記事の中に引用さ言葉によると、「世界の食 糧供給の25%が、害虫や病気が原因で 毎年破棄されます。信じられないことですが、最適な条件下で保存されていても果 物を攻撃する疾患があります。たとえば、輸送中に発生するカビです。 たった一粒の感染した種から始まり、ほんの数日間でグリーンハウス全体を感染させてしまうこともありえるのです。」 Moraflora社は7 つの特許登録しました。 HAARETZによると、農薬のハイコスト、また農薬による健康や環境被害を考慮すると、「遺伝子の方向から解 決策を見出すことが賢明である事は誰の目にも明らかです。」とペレグ氏は述べています。 HAARETZ の詳細記事はこちら(英文) 5月15日から17日に開催される
Read more

ナノグラフィック – 印刷技術の革新

category: Uncategorized
ベニー·ラ ンダは、ナノテクノロジーに基づく革新的な新印刷技術を、発表しようとしています。 グローブスの レポートによると、Landa Nanographic印刷はこのプロセスを、 “商業、パッケージングおよび出版市場向けのゲームを変える技術。”と表現しています。 ベニー·ラ ンダは、HPに買収されたデジタル印刷会社インディゴの創設者です。 グ ローブスの レポートによると、Nanographic印刷プロセスを可能にしたのはランダナノインクによるものです。 顔料を構成する粒子の大きさはほんの10ナノメートルです。(人間の髪の毛は約10万ナノメートルです。) 同社は、この印刷プロセスは著しい耐摩耗性、耐 スクラッチ性に対応しており、前処理や特殊なコーティングや特定の種類を必要とせず、新聞紙からプラスチック製の包装用フィルム等、任意 の既製の基板上に印刷することができと説明しています。 Landa is planning to demonstrate its new line of Nanongraphic sheet-fed
Read more